本文へ移動
太陽光発電の時代がやってくる!?太陽光発電が必要な理由
地球規模の問題である温暖化を防ぐためには、クリーンエネルギー、持続可能エネルギーへシフトしていくことが欠かせません。そこで、なぜ太陽光発電が必要なのか、その理由を考えてみましょう。

日本の発電の現状って?

私達の生活に欠かせない電力は、主に原子力、火力、水力、自然エネルギーによって発電されています。日本では、特に2011年の東日本大震災以降は原子力発電から火力発電にシフトし、発電には化石燃料が大量に使われています。
 
日本では化石燃料はほとんど採掘できないので、多くが中東の石油や天然ガスに頼っているのが現状です。しかし、化石燃料の価格は不安定であり、化石燃料の埋蔵量も残りわずかと言われていることから、いつまでも化石燃料に頼ってはいられません。
 
加えて、化石燃料を使った火力発電は二酸化炭素などの温室効果ガスを大量に排出するため、地球温暖化を進める原因の一つと考えられています。今後さらに温室効果ガスを排出し続けると、地球の平均気温はさらに上昇を続け、それによる影響は地球規模の大きな問題になっていくのです。

太陽光発電の必要性

温室効果ガスの排出が少なく、コストも安く、安定した安全安心のクリーンなエネルギーと言われていた原子力発電でしたが、世界各国で起こる原発事故により、このイメージは崩れ去りました。
 
地震が起きやすい日本において、原子力はもはや安心安全なエネルギーではなくなりました。少しずつ原子力発電が動き出す中、その安全性に不安を抱いている方も少なくありません。
 
では、資源が少ない日本でも安定した電力が得られる、安全安心のエネルギーはないのでしょうか。日本は周りを海で囲まれており、山や川、火山など実は自然エネルギーに満ちています。
 
しかし、そのエネルギーを上手く利用できる技術がまだ開発途上のため、それらがエネルギーとしてまだまだ生かされていないのが実情です。そんな中で、太陽光発電システムの開発が進み、各家庭での発電も可能となりました。
 
今後さらに増え、技術の発達である程度は賄えるようになると考えられています。自治体によっては、太陽光発電のシステムの設置に補助金を出すところもあります。興味のある方は、お住まいの地域の補助金や制度について調べることをおすすめします。
都城市にある長友ホームでは、注文住宅やリフォーム、リノベーションの設計・施工、太陽光発電の設置を行っています。また、将来の低炭素社会に対応する「ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)」の事業を応援しています。厳しい省エネ性能とエネルギー消費をおおむねゼロにするZEHは、快適な住環境はもちろん、日々の生活で省エネに貢献することができます。
 
毎日の生活でなかなか気がつきにくい地球温暖化。太陽光パネルの設置や省エネ住宅で、少しずつ環境保護を考えてみませんか?都城市や周辺地域で太陽光発電システムの設置を検討している、ZEHに興味があるといった方は、お気軽にお問い合わせください。
|都城市で新築戸建ての設計や施工なら長友ホームにお任せ!
会社名
株式会社 長友ホーム
住所
〒885-0012 宮崎県都城市上川東3丁目4−14 1F
TEL
0986-45-0157
FAX
0986-45-0158
業務内容
■建設業■
・建築工事
・太陽光発電システム
・リフォーム
・土木工事
・総合不動産
URL

株式会社 長友ホーム
宮崎県都城市上川東3丁目4-14
TEL.
0986-45-0157
------------------------------------
■建設業■
・建築工事
・太陽光発電システム
・リフォーム
・土木工事
・総合不動産
------------------------------------

0
0
3
7
4
7
7
6
TOPへ戻る