本文へ移動
注文住宅の費用の内訳について
一生のうちでも高い買い物となるマイホーム。注文住宅で理想のマイホームを実現するためにも、費用の内訳について知識を深めることも大切です。そこで、注文住宅の費用の一般的な内訳をご紹介します。都城市や周辺エリアでマイホームを検討している方は、注文住宅の設計・施工を承る長友ホームへご相談ください。

注文住宅の費用の内訳は?

満足できるマイホームを実現するためには、注文住宅で建てる際の費用の内訳についても知識を身につけておくことをおすすめします。
 
 
|土地代
まずかかるのが、「土地」の購入費用です。建築場所にもよりますが、注文住宅を建てる上で最も多くの割合を占めるのが土地の購入費用ではないでしょうか。
ただし、すでに土地を所有している場合はこの費用は不要となります。地盤の弱い土地の場合などは、別途地盤改良費用がかかることがあります。
 
 
|建築費用
次にかかるのが、建築費用です。この費用には、基礎工事や内装仕上げ、住宅設備工事など一戸建ての完成に必要な費用が全て含まれます。
また、この費用は、建築会社によっても異なります。一般的には、大手ハウスメーカー、中小建築会社、街の工務店の順に費用が抑えられる傾向があります。
 
 
|外装工事
忘れがちなのが外装工事です。例えば門柱を作ったり、駐車場を作ったりするのにも数百万円の費用がかかることがあります。外装工事をするために余裕を持った資金繰りをする必要があります。
 
 
|税金などの諸手続き費用
諸費用も忘れてはなりません。一戸建てを取得する際には、土地や建物の所有者をはっきりとさせるために、「登記」を行います。この不動産手続きにあたり、登録免許税、司法書士に依頼した場合はその報酬、交通費や登記事項証明書取得費用などの実費がかかることを覚えておきましょう。

費用別!どれくらいの建物が建つ?

建築費用は、1000万円の場合と2000万円の場合でできるオーダーが大きく異なります。建築費用の予算が1000万円台の場合、相場よりもかなり低く抑えた設計になります。
 
無駄を省いたシンプルな間取り、デザインとなる傾向にあり、延べ床面積は90~110平米程度が一般的でしょう。工事の発注先は、街の工務店など小規模な会社やローコスト住宅を扱う会社へ依頼する方も少なくありません。
 
建築費用が2000万円台の場合は、グレードを少し上げることが可能です。外装の仕上げにタイルを使ったり、キッチンやバスルームに最新式の設備を導入したり、バルコニーや窓の数を増やしたりすることも可能です。
都城市で注文住宅やリフォーム、リノベーションの設計・施工を承る長友ホームでは、永年培ってきた技術力、豊富な経験と実績で、日本の風土に合った木造在来工法の住宅をご提案します。省エネ住宅、耐震補強、バリアフリーなど、ご要望がありましたらお気軽にお聞かせください。都城市を中心に、多くのお問い合わせをお待ちしています。
|都城市で新築戸建ての設計や施工なら長友ホームにお任せ!
会社名
株式会社 長友ホーム
住所
〒885-0012 宮崎県都城市上川東3丁目4−14 1F
TEL
0986-45-0157
FAX
0986-45-0158
業務内容
■建設業■
・建築工事
・太陽光発電システム
・リフォーム
・土木工事
・総合不動産
URL

株式会社 長友ホーム
宮崎県都城市上川東3丁目4-14
TEL.
0986-45-0157
------------------------------------
■建設業■
・建築工事
・太陽光発電システム
・リフォーム
・土木工事
・総合不動産
------------------------------------

0
0
3
7
1
2
3
6
TOPへ戻る